グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



JAしみずについて
ホーム >  JAしみずについて

JAしみずについて


当JAは1972年10月1日に静岡県旧清水市内の9農協(興津、小島、両河内、庵原、袖師、飯田、高部、清水、有度)が合併し、一市一農協の清水市農業協同組合(愛称:JAしみず市)として誕生しました。
発足以来、「清水」ブランドでミカン、お茶、花などの農産物の定着を進めてきましたが、2003年4月、静岡市・清水市の行政合併により、「清水市」がなくなり、新「静岡市」が誕生したことから、名称検討委員会を設置し協議した結果、「清水」ブランドを重視し、同4月1日より農協名を「清水農業協同組合(愛称:JAしみず)」と改めました。
2012年11月1日には、JAするが路の由比・蒲原地域(富士市の一部を含む)を合併により引き継ぎ、静岡市清水区内を営業エリアとする農業協同組合となりました。
事業所は清水区一円に本店をはじめ、支店、JA-SS(ガソリンスタンド)、グリーンセンター(農業・園芸・直売店)、JAメモリアル(葬祭事業)などを構えております。