グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



JAしみずについて
ホーム >  JAしみずについて >  ディスクロージャー(JAしみずの概況)

ディスクロージャー(JAしみずの概況)



JAしみずの決算のあらまし

※百万円未満は切り捨てて表示してあるため、合計に不突合があります。

財産の状況(貸借対照表)

(単位:億円)
資産の部 2017年度
信用事業資産 2,857.11
共済事業資産 2.75
経済事業資産 8.08
雑資産 17.69
固定資産 107.36
外部出資 106.03
繰延税金資産 2.90
合計 3,101.96
負債の部 2017年度
信用事業負債 2,838.38
共済事業負債 8.99
経済事業負債 9.00
設備借入金 -
雑負債 33.27
諸引当金 16.99
合計 2,906.65
純資産 2017年度
出資金 29.81
利益準備金 48.67
その他利益剰余金(うち当期未処分剰余金) 111.31(5.57)
処分未済持分 ▲0.15
評価・換算差額等 5.67
合計 195.31

経営成績(損益計算書)

(単位:億円)
資産の部 2017年度
事業総利益 40.85
事業管理費 39.16
事業利益 1.69
経常利益 3.79
税引前当期利益 3.62

JAしみずの健全経営チェックポイント

(2018年3月31日現在)

自己資本比率(健全経営のバロメーター)

基準 4%
JAしみず 14.28%
金融機関が健全かどうかを見る尺度として、「自己資本比率」があります。この比率は、金融機関の預金や貸出金など総資産の額に対して一定割合以上の自己資本があれば健全であるという基準を表しています。
万が一、資産運用で損失が発生しても、自己資本が十分確保されていれば、皆様からお預かりした貯金の払い戻しが不足することはありません。つまり、自己資本比率の高さは、安全性の高さを表します。

保全措置の状況

(単位:百万円)
不良債権
破綻先貸出金 0
延滞貸出金 900
3か月以上延滞貸出金 0
貸出条件緩和貸出金 11
合計 911
(単位:百万円)
保全措置
担保・保証による保全部分 841
個別貸倒引当金残高 60
信用事業に係る 一般貸倒引当金残高 250
合計 1,152
不良債権率:1.15%

事業実績

(2017年4月1日~2018年3月31日)
(単位:千円)
区分 実績
信用  貸出金 79,101,347
貯金 282,825,164
販売  みかん 1,295,301
中晩柑 352,436
荒茶 312,129
生葉 119,376
仕上茶  171,108
花卉 340,952
枝豆 262,076
いちご 335,945
トマト  139,743
その他  430,615
農産物買取販売 193,417
グリーンセンター直売 184,694
㈱ジェイエイしみずサービス直売 274,689
販売高 計 4,412,481
(単位:千円)
区分 実績
共済  生命系長期共済保有高 195,721,080
年金共済保有高 2,986,160
建物更生共済保有高 492,899,150
自動車共済保有台数 10,420(台)
経済
(供給高)
生産購買 1,294,920
生活購買  604,936
メモリアル(葬祭) 757,844
車両燃料 1,185,335
3,843,034
その他 農地整備(取扱額)  1,099,185
宅地等供給
不動産(取扱額)
3,071,250
旅行(取扱額) 219,497