グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



家庭菜園のススメ
ホーム >  家庭菜園のススメ >  野菜情報 >  カボチャ

カボチャ


室内での長期保存ができ、風邪にも強くなる栄養豊かな野菜です。果菜類では最も低温に耐え、夜温が7〜8℃以上あれば生育します。また土壌病害にも強く、連作も可能で育てやすい野菜です。ただし、茎葉に発生する疫病には弱く、多湿地では多発することもあるので、畑の排水を良くして栽培します。

栽培カレンダー

栽培の流れ

1.苗づくり

2.畑の準備

1. 事前に堆肥と苦土石灰を入れて、よく耕しておく。
2. 完熟堆肥と園芸配合80を入れる。

3.植えつけ

4.整枝

親づる1本、子づる1本を伸ばし、ほかの子づるはかき取る。つるは畝の両側へ、畝に直角に配置して混み合いを防ぐ。

5.追肥

6.授粉

雌花の柱頭に花粉をなすりつける。早朝遅くとも8〜9時頃までに授粉を行う。遅れると花粉の発芽力が失われる。

7.収穫

くらいにかたくなった時を見計らって収穫する。取り遅れると味を損なってしまう。開花後45〜50日たって果実が登熟し、果実のつけ根がヒビ割れし、果皮に爪がさしにくい