グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



しみずの農産物
ホーム >  しみずの農産物 >  農産物一覧 >  折戸なす

折戸なす


折戸なす

徳川家康に献上していたという記録が残る「折戸なす」。初夢に見ると縁起がいいとも、家康が愛したものともいわれる「一富士、二鷹、三茄子」のことわざのナスが「折戸なす」と言われています。
明治以降、栽培が途絶えていましたが、2005年に国の研究機関から種子を譲り受け、生産者とJA、関係者が一丸となって復活に取り組み、2007年から出荷をしています。

来シーズンのご予約受付中!

家康も愛した縁起物。「一富士、二鷹、三なすび」の折戸なす。
ご好評につき、来シーズン収穫分の予約をアンテナショップきらり楽天市場店で開始しました。貴重な逸品をぜひ味わってください。

★家康が愛した「折戸なす」秀品11-12玉★
予約販売期間 2018年01月04日~2018年06月01日00時00分
※2018年6月上旬より順次発送となります。

特徴 丸い形で果肉が緻密。原種に近いためトゲが鋭く、形も不ぞろいになりがちだが、ナスらしいコクのある濃厚な味わい。
栽培方法 ハウス 出荷時期 5月下旬~12月下旬
出荷量 11.7t(2014年産) 栽培面積 25a